水虫、爪水虫

水虫、爪水虫とは

感染症、うつる疾患のイメージ

水虫とは、正式には足白癬と呼ばれるもので、カビの一種である白癬菌に足の裏や足の指の間などに寄生するなどして皮膚症状を引き起こす感染症のことを言います。ちなみに白癬菌は足に限らず、手や体部、股部などでも発症することがあります。その場合は、手白癬、体部白癬、いんきんたむし(股部白癬)などと診断されます。

一口に水虫(足白癬)と言いましても、趾間型、小水疱型、角質増殖型の3つのタイプがあります。趾間型は、足の指の間に発症するもので、感染部位は小さな水疱や紅斑などがみられます。またかゆみなどの症状を我慢できずに患部を掻き壊すなどすれば、皮が剥け、ジュクジュクした部分が露出し、ただれた部分がみられるようになります。小水疱型は、土踏まずの部分などに小さな水疱が発生するのと強いかゆみの症状が現れるのが特徴です。そして水疱が破けると次第に皮がポロポロと剥けるようになります。なお、この2つのタイプは高温多湿な季節によくみられます。3つ目の角質増殖型は非常に稀とされるタイプで、足の裏やかかとの周辺で発症し、角質層が肥厚化していきます。かゆみなどの症状は現れませんが、かかとの部分に亀裂(ひび割れ)が発生すると痛みの症状がみられるようになります。

また爪水虫は、爪白癬とも呼ばれるもので、水虫罹患後に白癬菌が足の皮膚から爪に感染していくことで発症することが多いです。足の親指で発症することが多く、爪全体が白濁するなどして、やがて肥厚化し、変形などがみられ、次第に爪は脆弱化していくようになります。

感染経路に関しては、足白癬の患者さまが履いたと思われるスリッパやサンダルを共有する、不特定多数の人が使う足ふきマットを利用するなどが挙げられますが、24時間以内に白癬菌が付着した皮膚を洗い流すことができれば感染は防げるようになります。ただ、足の裏に傷がある場合は、その半分程度の時間でも感染することもありますので要注意です。

治療について

足白癬(水虫)の治療では、主に抗菌薬の外用薬を使用していきます。ただし、角質増殖型の足白癬と爪白癬については、外用薬では薬の成分が浸透しにくいので、抗真菌薬の内服薬を中心に使用していきます。このほか、足を常に清潔にしておくことも大切です。

いぼ

いぼとは

主にHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染することで発症する皮膚良性腫瘍のことで、正式には尋常性疣贅と呼ばれるものです。若い世代によくみられるのも特徴です。

HPVは皮膚の小さな傷から侵入し、同ウイルスが角化細胞に感染し、それによって増殖するなどして、いぼが形成されるようになります。発症しやすい部位は、手のひら、足裏、顔、頸部といったもので、大きさは直径数mm~1cm程度で、表面はザラザラした感触です。形は必ずしも円状というわけではありませんし、足裏に発生する場合は盛り上がることはありません。色は、皮膚と同色、あるいは茶褐色など様々あります。また痛みやかゆみなどの自覚症状がみられることもほとんどありません。

治療について

放置をしてもとくに問題ないとされていますが、何もしなければ(いぼの)数が増えてしまうことも考えられるので、除去するための治療を行うことが多いです。

よく行われる治療法は、液体窒素を用いた凍結療法ですが、強い痛みが伴うことがあります。この場合は1回の治療で完治することはなく、週1回か隔週に1回の割合で数カ月程度は通院する必要があります。このほかには、炭酸ガスレーザーや電気焼灼法といった外科的治療もあります。またサリチル酸外用薬の塗布、ヨクイニンなど漢方薬の内服といったことを行うこともあります。

帯状疱疹

帯状疱疹とは

水ぼうそう(水痘)に罹患したことがある方が対象となる病気です。水ぼうそうの原因でもある水痘帯状疱疹ウイルスは、一度感染してしまうと体外へ排出されることはなく、神経節に潜伏し続けます。その後、加齢による免疫力の低下、過労やストレスなどによって、ウイルスが再び活性化すると、ピリピリした痛みが伴う帯状の浮腫性紅斑が神経支配領域に沿って体の片側(主に体幹や顔面)でみられるようになります。その後、紅斑は水疱となって、次第にかさぶた(痂疲)化していきます。

多くの場合、痛みや皮膚症状は3週間程度で治まるようになりますが、皮膚症状が治まってもピリピリした神経痛が続く場合があります。これが発症から3ヵ月以上経っても続くと帯状疱疹後神経痛と診断されます。同神経痛は、高齢者や帯状疱疹が重症化した患者さまに起きやすいと言われています。このような場合は、痛みの治療を行っていくことになります。

治療について

治療の中心は薬物療法で、水痘帯状疱疹ウイルスの活性化を抑制する抗ヘルペスウイルス薬を使用していきます。また痛みの症状が強ければ、対症療法として、アセトアミノフェン、NSAIDs、神経ブロック注射などを行っていきます。また帯状疱疹後神経痛の患者さまでは、プレガバリン、三環系抗うつ薬などが用いられます。

ヘルペス(単純疱疹)

ヘルペスとは

ヘルペスとはヘルペスウイルスのことで、同ウイルスはいくつか種類がありますが、単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)について説明します。

単純疱疹は、単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)もしくは2型(HSV-2)に感染することで発症し、皮膚や粘膜に小さな水疱やただれなどの皮膚症状に痛み(ピリピリ、チクチク など)なども伴う病気を言います。発症のしくみとしては、まず痛みや違和感がみられ、その部位の皮膚が発赤して腫れ、やがて水疱が発生するようになります。水疱が形成された後は、かさぶたとなって、これが剥がれると治癒となります。

なお水疱にはウイルスが詰まっているのですが、これが破れるなどし、他の人に触れるようなことがあれば、感染するリスクもあります。なお同ウイルスは、体外に排出されることはなく、初感染後に症状が治まっても神経節に潜伏し続けます。その後、体内の免疫力が低下すると、再びウイルスが活性化して、上記で挙げた皮膚症状などがみられるようになります。

先でも触れましたが、単純ヘルペスウイルスはHSV-1とHSV-2の2種類あります。HSV-1は、感染者の病変部に触れる、唾液など接触感染や飛沫感染が主な感染経路とされ、口唇やその周囲に水疱やただれなどの症状がみられます。具体的には、ヘルペス性歯肉口内炎、カポジ水痘様発疹症、口唇ヘルペスといった病気を発症するようになります。HSV-2は、主に性行為によって感染するもので、外陰部に水疱などを発症する性器ヘルペスが大半です(なおHSV-1でも性器ヘルペスがみられることもあります)。

また、初感染から症状が治まるようになると、HSV-1は三叉神経節、HSV-2は仙骨神経節に潜伏するようになるのですが、免疫力が弱くなると活性化して、皮膚症状(紅斑、水疱、痂疲 など)や痛みが再発しますが、いずれにしても初感染時よりも重症化することはありません。

治療について

どちらのタイプであったとしても治療の基本は、抗ヘルプスウイルス薬を投与していきます。症状が軽い場合は外用薬ですが、初感染時や中等症以上という場合は内服となります(重症の患者さまは、点滴による投与となります)。

蜂窩織炎

蜂窩織炎とは

主に黄色ブドウ球菌などの細菌感染が、真皮から皮下組織の部分に及び、それによって炎症が起きている状態を蜂窩織炎と言います。同じような皮膚疾患で丹毒というのもありますが、これはもう少し皮膚の浅い場所で細菌感染が起き、炎症が起きている状態になります。

発症しやすい部位は、足や手、顔面などで、小さな創傷や水虫、やけどなどによる傷口から細菌が侵入していきます。感染が真皮の奥深くまで達すると、患部に発赤や腫れ、痛み、熱感などがみられるほか、発熱や倦怠感などの全身症状が起きるようにもなります。皮膚症状が悪化すると膿や皮膚潰瘍がみられるほか、感染が拡大すると付近にあるリンパ節が腫れ、圧痛がみられるなどします。

治療について

治療をする場合ですが、感染の原因とされる細菌に合わせた抗菌薬の投与をしていきます。原因菌が特定できなければ、原因菌の可能性が高いとされるセフェム系などの抗菌薬を使用していきます。また患部に膿がたまっている(膿瘍)のであれば、切開して排膿をする必要があります。なお、重症の場合は入院による点滴治療をするようになります。

ひょう疽

ひょう疽とは

爪郭と呼ばれる手足の爪の周囲にある皮膚などから細菌(黄色ブドウ球菌 など)が侵入し、それが皮下組織で感染し、爪の周囲に腫れや痛みがみられている状態をひょう疽と言います。炎症が進行すると膿が発生するほか、関節が曲がりにくいなどの症状が見受けられるようになります。

発症の原因については、ささくれや巻き爪(陥入爪)などによる傷や外傷による細菌の侵入のほか、赤ちゃんの場合は指しゃぶりがきっかけとなることもあります。

治療について

治療に関してですが、患部を冷やす、原因菌に応じた抗菌薬(外用薬、内服薬)を使用するなどしていきます。また膿がたまっているのであれば、切開するなどして排膿していきます。排膿をすることで痛みが緩和されることが多いです。

癜風

癜風とは

癜風はマラセチア感染症のひとつです。そもそもマラセチアとは、皮膚に常在する真菌のひとつでもあるわけですが、高温(気温が高い)、発汗、皮脂の過剰な分泌などをきっかけに(マラセチアが)増殖するようになります。それによって主に胸背部を中心に白色もしくは褐色のシミのようなものがみられるようになるのが癜風です(シミの大きさは数㎝程度もこれらが融合して数十cmの大きさに見えることもあります)。なお同疾患は、かゆみや痛みなどの自覚症状はなく、20代の若い世代(男女差はない)に発症しやすいとされ、春~夏にかけての季節に起きやすいという特徴があります。

治療について

多くの場合、抗真菌薬(イミダゾール系)の塗布によって、2週間程度で治るようになります。また皮膚症状の範囲が広い場合は、抗真菌薬(イトラコナゾール)を内服することもあります。

頭じらみ(アタマジラミ)

頭じらみとは

頭じらみはシラミ症のひとつです。シラミとは人に寄生して、(人の)血液や体液を吸うなどする寄生虫のことです。なお頭じらみ(アタマジラミ)とは、頭髪に寄生するシラミのことで、体長は約2~4mmで繁殖力が強く、髪の毛に卵を産みつけることで数を増やしていきます。小児に発症しやすく、男児よりも女児に多くみられます。主な症状は、強いかゆみと、掻き壊しによる炎症です。

アタマジラミの発症については、頭髪が清潔か不衛生かはそれほど関係なく、頭をくっつける、寝具やタオル、くしを共有するなどして、発症するようになります。そのため、家庭、保育園や幼稚園、学校などで集団発生することもあります。

治療について

アタマジラミを発生させない最も効果的な方法は、頭髪を剃るということになります。ただ、それ以外にも「すきぐし」を使って、卵を丁寧に取り除いていく、フェノトリンが主成分のシャンプーやパウダーを使用するなどしていきます。そのほか、同居するご家族の方もシラミ症の有無を調べ、発症している場合は速やかに治療を行うようにしてください。

疥癬

疥癬とは

疥癬虫とも呼ばれるヒゼンダニが皮膚の表面(角層)に寄生することで発症する皮膚疾患のことを疥癬と言います。これは、ヒゼンダニが角層において、巣を作るなどして増殖し、それによって引き起こされるアレルギー反応によって、強いかゆみ(夜間に起きやすい)がみられるほか、疥癬トンネル(ヒゼンダニが皮膚表面にトンネルを掘って、そこに産卵するなどして増殖する)、直径数mmの発赤した丘疹が現れるようになります。発症しやすい部位としては、体幹、陰部、腋の下の周囲、大腿や上腕の内側などが挙げられます。

また感染経路としては、感染者との直接的な接触(性行為も含まれます)、衣類や寝具などを共有することによる接触が考えられ、日本の場合は老人ホームなどの施設に入所している高齢者が罹患しやすいと言われています。

治療について

まず疥癬虫を駆除していきます。そのための薬物療法として、ビゼンダニを駆除する効果があるイベルメクチンを服用するほか、外用薬としてフェノトリン、クロタミトンなどを使用していきます。このほか感染予防対策として、同居人がいる場合はタオルや寝具を共有しない、洗濯や掃除をこまめにするといったことも行います。